よく学び、よく遊べ。
by mamitta_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


寺島実郎

c0172713_18542930.jpg

寺島実郎 『世界を知る力』

読んでみたい本。
仕事で行った講演会がめっちゃ面白かったので。

この種の講演会が面白いと思ったのは初めて。
(ビジネスマンとしてどうかと思うが。。。大体つまらん!)


キレイに出来過ぎた話で胡散臭いが、
面白いからいいや!
[PR]
# by mamitta_n | 2010-03-07 18:59 | 本 ほん

世界がひろがる

「企業」のやり方、考え方につかまって、
身動きが取れなくなってしまうときがある。

その世界の「やり方」でしか考えられなくなっているから。

そういうとき助けてくれるのは、
人類学をとおして身につけた思考方式や
大学院のときに得た経験や出会いだ。

シンプルな思考を取り戻す。
世界が、また広がる。








(今回のきっかけ)
c0172713_13213246.jpg

佐々木重洋『仮面とパフォーマンスの人類学―アフリカ、豹の森の仮面文化と近代』
[PR]
# by mamitta_n | 2010-02-20 13:23 | 本 ほん

日曜日のすごしかた

朝起きたら、いいお天気。
どこかに出かけたい!

というわけで、
TVでオリンピックを見ながら、のんびり準備。

まずは近所の喫茶店へ。
「ほとんど牛乳」って感じのミルクコーヒーとトースト、ゆで卵でブランチ。

一日乗車券を買って、地下鉄に乗り込み、
幼馴染への結婚祝いを買いに行く。

前から決めていた、アロマライトとオイルを購入。
オイルは、迷った結果、ラベンダーがメインのブレンドオイルにしました。
届けようと思ったけども、出かけてしまうとのことなので、後日郵送する旨を伝える。
使ってもらえると良いけど。

次は、夫の希望で動物園へ。私は数年ぶり!
今日はわりあい暖かかったせいか、家族連れやカップルでにぎわっていた。
人生初のペダルボートにも乗りました。
思った以上に楽しい!そして、思った以上に揺れる。。。
池のボートで船酔いするところでした。

ひととおり楽しんで動物園を出て、これまた数年ぶりの星が丘テラスへ。

最近、買い物欲が旺盛な私。。。仕事のストレスのせい?
けども、先立つものに欠けるので、今日はぐっと堪えて「見てるだけ~」に努める。
ちょうど切れてしまっていたアロマオイルは買いましたけど。
(不安を解きほぐして気分を明るくする、スイートオレンジ♪)

かわいいアクセサリーショップを発見。
 クラフトハウス zizi
指輪がほしい。

と、夫の携帯に呼び出しの電話が入る。
バレンタインのイベントをやってるそう。
(「自分はキリスト教徒じゃないから、バレンタインはやらないのだ」って言ってたのに!)
彼は栄のインドネシア・レストランへ。
私は、嫌々ながら仕事を持ち帰っていたので、帰宅。


日曜日のお出かけはここまで、でした。

うん。
私にしては、あちこちいろいろ動いたな。


c0172713_2202724.jpg

我々の乗り込んだパンダ号の船窓より。
[PR]
# by mamitta_n | 2010-02-14 22:02 | 旅 たび

ハーメルンの笛吹き男

c0172713_1116327.jpg

『ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界』阿部謹也

風邪をひいて寝込み中。
今日はだいぶ良くなりました。

うつらうつらと再読。


「ハーメルンの笛吹き男」という日本でも良く知られた伝説。

「伝説」と「昔話」の違い、いろいろと定義はあるけれど、
前者は過去に起こった事実(と信じられていること)がベースになっている。
だから、前者は土地と強く結びついている。
(柳田國男の
 「植物」(=伝説。その土地を離れない)と
 「動物」(=昔話。伝播する)も有名)

本書は、
中世のドイツおよび地方都市であるハーメルン市の当時の状況、
中世における子供とその親を取り巻く環境、
笛吹き男=楽師の地位
の視点から、ハーメルンで起きた130人の子供の失踪事件を読み解いていく。


大学生のとき、
「歴史研究ってこんなに面白いんだ」って、
ドキドキしながら一気に読んだのを覚えている。
[PR]
# by mamitta_n | 2010-02-10 11:34 | 本 ほん

旅のはじまり

c0172713_838493.jpg


旅のはじまり。
[PR]
# by mamitta_n | 2010-02-06 08:39 | 旅 たび